バイク査定の活用

お金動かないバイクであっても、できるだけ高い価格で買取りしてもらう為には、複数の買取業者に査定を依頼して、最も高く買い取ってもらえる業者と取引をすることが大切です。一社だけだと何も分からないまま、動かないバイクだからと諦めて、安く買い叩かれる可能性もあります。ただし、オンライン査定の場合、あくまで想定価格になりますので、実際に査定スタッフが査定した額とは異なることがあります。できるだけ高い額を引き出し、最終的に納得できる額で買い取ってもらえるようにしましょう。

もちろん、高値で買取りができないケースもありますが、動かないから売却ができないということはありません。どこか1社に持ち込んで、値がつかないと言われたからと諦めてしまった方もおそらく多くおられると思います。ゼロ円だと思うから、売却をしないというのであれば、非常に勿体無いですし、ゼロ円ではない可能性が高いと信じて、とにかくまずは無料査定や一括査定を利用してみることをお勧めします

買取業者はもちろん他よりも査定を高くしてくれるところが良いですが、その他、全てのバイクの買取りに対応している、手続きもスムーズにしてもらえる、安心できる業者選びをすることも大切です。

【参考HP】バイク査定利用|バイクランド

直せるバイクの場合

バイクバイクを長期間放置していると、いざバイクの売却をと動かしてみると、エンジンがかからなくなっていることがあります。この場合でも、そのままの状態でも買取り査定は可能です。買取りは可能ですが、査定にはマイナスに影響することが多い為、エンジンを動かないままで買取りに出した場合と、エンジンを修理して買取りに出した場合の査定額を考え、もしもエンジンの修理の方が安く済み、動いた方が査定額が有利になるのであれば、エンジンを修理し、動くようにしておいた方が良いでしょう。まずは査定額について、どちらが得かを天秤にかけてください。

エンジンがかからず、バイクが動かない場合には、買取査定の申込みの際にきちんと伝えておくことで、査定をする為に仮バッテリーを用意してもらえることがあります。バッテリーの部品交換だけで動くようになると判断できた場合には、マイナス査定が少なく済むことがあります。動かないバイクでも、動かないなりに対処法がありますので、事前に色々調べて、できる限りの前知識を持っておくようにしましょう。動かないバイクの査定には、業者との交渉も必要なケースがあります。知識があるというアピールをする為にも、ある程度把握しておくことが大切です。

バイクを処分するなら

バイク動かないバイクの処分について、どうしたらよいか処分方法についてお悩みの方は、一度バイク査定を受けてみることをお勧めします。バイクの買取りは、きちんと動作確認ができる物に限られるのでは、逆に処分手数料を請求されるのでは、等と疑問に思われる方も少なくないかもしれません。しかしながら、バイクの買取業者の中には、動かないバイクについても買取りが可能な場合があります。

バイクのエンジンがかからない原因には、バッテリーが上がっている、既にプラグが駄目になっている、電装系・キャブレーターの不具合、エンジン自体の不具合等が考えられます。それでも、動かないバイクの買取りは最初から無理と決めつけて、バイクを処分する方向で考えてしまうと、換金可能なバイクであったにもかかわらず、わざわざお金を支払って処分してしまったということにもなりかねません。査定額にかかわらず、まずはバイクを査定してもらい、値がつくかどうかを見てもらうことが大切です。

動かないバイクでも、その買取店が欲しいバイクであれば、高い査定額で買取りも可能です。これは、中古市場の相場にもよりますが、中古相場が高いバイクについては、動かないとしても高く売れるケースも少なくありません。あるいは、日本で人気が低くても、海外で高い値段で取引されているバイクの買取りの場合、高価買取の可能性が高くなります。ここでは、動かないバイクでも査定してもらえるケースについて紹介します。