バイクを処分するなら


バイク動かないバイクの処分について、どうしたらよいか処分方法についてお悩みの方は、一度バイク査定を受けてみることをお勧めします。バイクの買取りは、きちんと動作確認ができる物に限られるのでは、逆に処分手数料を請求されるのでは、等と疑問に思われる方も少なくないかもしれません。しかしながら、バイクの買取業者の中には、動かないバイクについても買取りが可能な場合があります。

バイクのエンジンがかからない原因には、バッテリーが上がっている、既にプラグが駄目になっている、電装系・キャブレーターの不具合、エンジン自体の不具合等が考えられます。それでも、動かないバイクの買取りは最初から無理と決めつけて、バイクを処分する方向で考えてしまうと、換金可能なバイクであったにもかかわらず、わざわざお金を支払って処分してしまったということにもなりかねません。査定額にかかわらず、まずはバイクを査定してもらい、値がつくかどうかを見てもらうことが大切です。

動かないバイクでも、その買取店が欲しいバイクであれば、高い査定額で買取りも可能です。これは、中古市場の相場にもよりますが、中古相場が高いバイクについては、動かないとしても高く売れるケースも少なくありません。あるいは、日本で人気が低くても、海外で高い値段で取引されているバイクの買取りの場合、高価買取の可能性が高くなります。ここでは、動かないバイクでも査定してもらえるケースについて紹介します。