直せるバイクの場合


バイクバイクを長期間放置していると、いざバイクの売却をと動かしてみると、エンジンがかからなくなっていることがあります。この場合でも、そのままの状態でも買取り査定は可能です。買取りは可能ですが、査定にはマイナスに影響することが多い為、エンジンを動かないままで買取りに出した場合と、エンジンを修理して買取りに出した場合の査定額を考え、もしもエンジンの修理の方が安く済み、動いた方が査定額が有利になるのであれば、エンジンを修理し、動くようにしておいた方が良いでしょう。まずは査定額について、どちらが得かを天秤にかけてください。

エンジンがかからず、バイクが動かない場合には、買取査定の申込みの際にきちんと伝えておくことで、査定をする為に仮バッテリーを用意してもらえることがあります。バッテリーの部品交換だけで動くようになると判断できた場合には、マイナス査定が少なく済むことがあります。動かないバイクでも、動かないなりに対処法がありますので、事前に色々調べて、できる限りの前知識を持っておくようにしましょう。動かないバイクの査定には、業者との交渉も必要なケースがあります。知識があるというアピールをする為にも、ある程度把握しておくことが大切です。